ラムサール条約20th 藤前干潟

     
  1. TOP
  2. 施設案内

施設案内

Facility

このページでは藤前干潟周辺の学習施設についてご紹介します。

施設案内アイコン

名古屋市野鳥観察館

名古屋市野鳥観察館は、1985年に庄内川河口に面する稲永公園内に建てられました。館内には30台の望遠鏡があり、藤前干潟(特に庄内川河口)の野鳥を間近に観察できます。また、小・中学校などの学校機関等の団体の学習・見学を受付けています。年間を通し120種以上の野鳥が観察できます。

名古屋市野鳥観察館、外観の様子
名古屋市野鳥観察館、館内の様子
住所  名古屋市港区野跡4-11-2稲永公園内
電話番号 052-381-0160
開館時間 9:00~16:30
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
第3水曜日(第3水曜日が祝日の場合第4水曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

環境省 稲永ビジターセンター

稲永ビジターセンターは、藤前干潟全体と干潟周辺地域の環境に関する情報を提供するために、また藤前干潟の自然保護・活用のための情報収集とその情報を発信をしている施設です。 日本や世界のラムサール条約登録湿地に関する情報なども発信しています。

環境省 稲永ビジターセンター、外観の様子
おすすめ体験プログラム
  • 藤前干潟全体について学ぶ
  • 藤前干潟の渡り鳥について学ぶ
  • ラムサール条約を学ぶ
  • ヨシ原を学ぶ
  • エコハウスを学ぶ
  • 生物多様性を学ぶ
環境省 稲永ビジターセンター、館内の様子
住所  名古屋市港区野跡4-11-2稲永公園内
電話番号 052-389-5821
開館時間 9:00~16:30
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
第3水曜日(第3水曜日が祝日の場合第4水曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

環境省 藤前活動センター

藤前活動センターでは、干潟の様子を詳しく学んだり体験したりすることができます。年間を通して観察会やバードウォッチングなどイベントももりだくさん。多様な生物と干潟の魅力に、夢中になれそうです。

環境省 藤前活動センター、外観の様子
おすすめ体験プログラム
  • 干潟を体感し学ぶ
  • 石ころ干潟を体感し学ぶ
  • 藤前干潟にすむカニ、アナジャコなどの生きものを学ぶ
  • ラムサール条約湿地について学ぶ
  • 生物多様性を学ぶ
環境省 藤前活動センター、藤前干潟の様子
住所  名古屋市港区藤前2丁目202番地
電話番号 052-309-7260
開館時間 9:00~16:30
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
第3水曜日(第3水曜日が祝日の場合第4水曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

TOP